忍者ブログ
アマチュア無線局JL2FKQのブログです
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]

8日に到着し、その日にTS-680Vに組み込んだ、INRAD(International Radio)の250Hzクリスタルフィルタ#186。
購入目的であった、コンテストで使用したとき、どんな感じになるか確認してみました。
確認したのは、オール埼玉コンテストです(諸事情により受信のみです(汗))

INRAD_9.JPG
いつものこんな環境で確認です。意味もなくマイクを繋ぎました(笑)

使ってみた感想は・・・シャープですねぇ。
切れすぎのようにすら感じます。
コンテスト中の7MHzなのに、こんなに静かなの?と思ってしまうくらいです。
周辺の信号が気になりません。
ただ、混変調には効果がありません・・・(当たり前か)
コンテスト以外の時は、切れすぎて、ちょっと大変かも知れません。
あと、やっぱり、音はちょっと固めな感じになります。
信号を受信していないときは、「コー」っていう感じになりますし・・・。

実際に、フィルタのON/OFFを聞き比べてください。



コンテスト参加中の、JO1ZEJ/1新座市アマチュア無線クラブの信号を受信しています。
最初のCQがフィルタON、後のCQがフィルタOFFです。
ここまで効果があると気持ちいいですね(笑)


で、今まで使っていたセラミックフィルタのYK-455C-1と、今回のINRAD #186の通過帯域幅を比較してみました。
測定方法は、アンテナを繋いでいない無線機のAF出力に、FFTをかけています。

INRAD_10_500Hz.JPG
YK-455C-1使用時。

ほぼ500Hzと、スペック通りの値となっています。
セラミックフィルタだけあって、裾は広がっています。


INRAD_11_250Hz.JPG
INRAD #186使用時。

こちらも、ほぼ250Hzとスペック通りの値です。
さすがクリスタルフィルタ、裾もシャープです。


ちなみに、標準のCWフィルタの通過帯域幅はこんな感じです。

INRAD_12_Wide.JPG
低い周波数のデータは、あまりあてにならないかも。


結果を見ると、さすがクリスタルフィルタです。
というか、標準のフィルタは広いなぁ。
しかし、20年以上前の無線機であるTS-680VのCWフィルタが手に入るとは・・・。
INRADには足を向けて眠れません(笑)

ちなみに、荷物のインボイスには、こんな記述が・・・。

INRAD_13.JPG

「Country of Origin」(原産国)が、「JP」(日本)となっています。
噂通り、フィルタは日本製のようです。
日本からクリスタルフィルタ本体を輸出して、アメリカで組み立て・・・で、日本に戻ってきた訳か(笑)

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[07/23 JF3PLF]
[05/13 JE3CXI]
[05/07 ちゃーみー1号]
[05/07 ちゃーみー1号]
[07/10 JA9JXC]
最新TB
プロフィール
HN:
JL2FKQ/1
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県日高市(JCC1342)在住
常置場所・出身地は静岡県富士宮市(JCC1807)
1987年6月30日開局
一応、第一級アマチュア無線技士・第二級陸上無線技術士です
GL:PM95QV
A1 CLUB#1048
JARL QRP CLUB#864
FISTS#15065
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) JL2FKQブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]