忍者ブログ
アマチュア無線局JL2FKQのブログです
[146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136]

週末に開催していた、ハムフェア2009に行ってきました。

といっても、昨日まで岩手県を観光していて、今日はクタクタだったので、目が覚めたら、おもむろに現地に向かうという、元気のなさでした(汗)
で、西武池袋線→東京メトロ有楽町線→りんかい線を使い、東京ビッグサイトへ。

Hamfair2009_1.JPG

今年は、「ガンダムビッグエキスポ」と「国際鉄道模型コンベンション」が同時開催されていたので、東京ビッグサイトは人であふれていました。
やっぱり、ガンダムの力はすごいです(汗)
あと、ハムフェア入り口の隣で開催していたのは何だったのでしょう?

今年は、頒布物を入手するのを主な目的として行ったので、会場に滞在していたのは1時間強。
疲れていたので、すぐに帰ってきてしまいました(汗)
2日目の午後だったこともあり、会場も元気がなかったし。

そうそう、今年は参加クラブが少なかったような気がします。
「あれ?通路ってこんなに広かった?」と思いながら歩きましたし・・・。

入手したのは、こんな感じ。

Hamfair2009_2.JPG
左から、マルツ電波の「『4チャネル・メモリーキーヤーを作ろう』製作部品キット」、A1 Clubの「ナイト2009キット」、JG5CBRさんの「USBIF4CWキット」、後ろは「別冊CQ ham radio ベランダ・バルコニ アンテナ専科」。

『4チャネル・メモリーキーヤーを作ろう』製作部品キット」は、以前製作した、CQ誌2008年6月号付録基板+秋月パーツセットと同等の物です。
なんでも、このキーヤー、かなり人気があるらしく、基板付きで、新たにマルツ電波から発売になったそうで。
私も、もう1台製作したくて、「秋月の通販を使うかな・・・」と思っていたら、このキットの存在を知り、ハムフェア会場で購入してきました。

A1 Clubの「ナイト2009キット」は、CWチューニングインジケータです。
今回は、部品付きのキットではなく、プリント基板+PICマイコンのみの物を入手しました。
回路図・部品表が公開になっているので、部品を集めて、ボチボチと組み立てます。
というか、どんな感じ組み立てようかな。

USBIF4CWキット」は、説明不要のインタフェースですよね。
パソコンでCWを送信するためのインタフェースです。
コンテストでランニングをするなら、必須といってもいいくらい。
対応ソフトが多いですからね・・・。
去年のハムフェアで、買おうかどうか、かなり悩んだ末、金額(8,000円)のこともあり諦めたのです。
しかし、本格的にCWを始めると、やはり欲しくなる。
で、1年越しで購入しました(笑)

あと、会場でGHDキーを購入するかどうか、かなり悩みました。
触ると、なかなか良い感じなのよね。
しかし、ここ数日の散財と、パドルの前にオシロが欲しいこともあり、購入は我慢しました。
購入は来年かな・・・。

さて、来年のハムフェアはどんな感じになるんでしょうね?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可能にする    
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2018/11 12
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新CM
[07/23 JF3PLF]
[07/10 JA9JXC]
[03/27 NONAME]
[02/10 ja9jxc]
[10/25 JR3KQF]
最新TB
プロフィール
HN:
JL2FKQ/1
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県日高市(JCC1342)在住
常置場所・出身地は静岡県富士宮市(JCC1807)
1987年6月30日開局
一応、第一級アマチュア無線技士・第二級陸上無線技術士です
GL:PM95QV
A1 CLUB#1048
JARL QRP CLUB#864
FISTS#15065
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) JL2FKQブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]