忍者ブログ
アマチュア無線局JL2FKQのブログです
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]

先日、TS-680VにINRADのCWフィルタを取り付けました
で、そのとき余剰になったセラミックフィルタYK-455C-1を、実家のTS-680Vに取り付けました。

YK-455C-1_1.JPG
ふたを開けると、フィルタ取り付け部が出てきます。

YK-455C-1_2.JPG
そこにフィルタを取り付け終了です。

YK-455C-1_3.JPG
問題なく、すんなりと完了です。

これで、実家で7MHz帯を運用しても、苦労することが無くなりそうです。

PR

先週予告したとおり、ホットボンドを購入しました。

4ch_Keyer2_8.JPG
goot(太洋電機産業)HB-80。ケーヨーD2入間下藤沢店で購入。1,980円なり。

これ以外にも、500~600円安いHB-45という物が売っていたのですが、「業務用」と銘打ってある、こちらを購入しました。
定格電力が7W(HB-45)/14W(HB-80)という違いがあり、HB-80の方が使い勝手が良さそうだったからです。
あ、あと、goot以外にも、安価な物が売っていたのですが、「こういう物はやっぱりgootでしょ」という理由で、こちらを選んでいます。
半田ごてでは有名ですからね

で、さっそく、懸念事項であった、2台目「4チャンネル・メモリキーヤー」のロッカスイッチがブカブカだったところを、ホットボンドで固定しました。

4ch_Keyer2_9.JPG
「4チャンネル・メモリキーヤー」を準備し、作業開始です。

4ch_Keyer2_10.JPG
縦方向のみブカブカだったので、上部にホットボンドを塗りました。
この機械を使っての、初めての作業だったので、ちょっと塗りすぎてしまいましたよ・・・。

4ch_Keyer2_11.JPG
しっかり固定できました。

これで、外観は納得できる状態になりました。
あとは、自励式のマグネチック・サウンダの件を解決しないとな。

5月2日にケース加工を行った、2台目の「4チャンネル・メモリキーヤー」を組み立てました。

まずはプリント基板に部品を実装し、必要な配線を引き出します。

4ch_Keyer2_3.JPG
内側から取り付ける部品は、線材の長さを出したあと、すぐに配線してしまいます。

その後、プリント基板を組み込み、ショートチェックをして、電源ON!
・・・電源投入時の"QRV"が聞こえません(涙)

しかし、よ~く聞くと、「プツ・プツ・プツ」と、モールス符号のタイミングに合わせて音が聞こえます。
どうも、キットの中にあるマグネチック・サウンダが、自励式ではなく他励式のようです。
取扱説明書には、自励式って書いてあるのにな・・・。
部品に型番が書いてないので、詳細が調べられないのが痛い(取説の部品表は自励式の型番が書いてあるので、参考にならず)
も~、マルツさんしっかりしてくださいよ。

というわけで、抵抗の位置を変更し、他励式のマグネチック・サウンダを駆動する方式に変更しました。
けど、音が小さいです。
マグネチックではなく、圧電なのかな?
今度、秋葉原に行ったとき、自励式のマグネチック・サウンダを買ってこよう。
1台目(秋月キット)は、大きすぎるくらいの音で鳴るから、それと同じ物にしようかな。
しかし、秋月キットのサウンダは、音が高いのよね。
今回は、PICマイコンが800Hzを作り出しているので、なかなかよい感じの音なのですが。
なかなか悩ましいです。

あと、以前も書いたように、ロッカスイッチ用の角穴を大きく開けてしまったので、ロッカスイッチがブカブカです。

4ch_Keyer2_4.JPG
線材の押す力で、スイッチがここまで浮いてきてしまう(涙)

今度、ホットボンドを買ってきて、固定することにします・・・。

と、いろいろトラブルがありましたが、2台目の「4チャンネル・メモリキーヤー」も一応完成です。

4ch_Keyer2_5.JPG
内部はこんな感じ。

今回は、あまり深く考えずにケースの穴開けをしてしまったので、部品が干渉して苦労しました。
もう少し、しっかり考えないとダメですね。

外観はこんな感じ。

4ch_Keyer2_6.JPG
1台目に比べ、大きな違いはありませんが、綺麗に作れたかな。

これで、メモリキーヤーが3台になりました。

4ch_Keyer2_7.JPG
下から、1台目の「4チャンネル・メモリキーヤー」、今回製作した「4チャンネル・メモリキーヤー」、「切手サイズキーヤー」です。

「4チャンネル・メモリキーヤー」は、自宅と実家(常置場所)用に、「切手サイズキーヤー」は、移動運用などで使用する予定です。
早く、今回製作した「4チャンネル・メモリキーヤー」を実戦投入したいな。


2台目の「4チャンネル・メモリキーヤー」を作るべく、ケース加工を行いました。

4ch_Keyer2_1.JPG
いつものように、タカチのYM-130を加工です。

部品は、昨年8月のハムフェアで購入した、マルツ電波版の4チャンネル・メモリキーヤーキットと、秋葉原で追加購入してきた部品を使います。
今回はケース加工のみで、基板の組み立て・配線などは後日行う予定です。

4ch_Keyer2_2.JPG
スイッチの配置はこんな感じ。

初代の「4チャンネル・メモリキーヤー」と、外も中も配置は同じにしています(笑)
特に、外の配置を変更すると、使うときに混乱しちゃいますからね・・・。
ちょっと残念なのが、ロッカスイッチの加工をしくじったところ。
縦方向の穴を大きく開けてしまいました(涙)
ガタガタしないように、ホットボンドで固定しようかな・・・。
 

先週の日曜日、モールス練習ソフトRufzXPの最高得点を、久しぶりに更新しました。

RufzXP_20100421.JPG

208位になりました。

最近、最高スピードが頭打ちなのよね・・・。
CW Freakで44WPM、rufzxpで40WPM以上行けません。
どうやったら、これ以上のスピードが取れるようになるんでしょう?
やっぱり、早い符号を聞いて慣れるしかないのかな?
 

カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[07/23 JF3PLF]
[07/10 JA9JXC]
[03/27 NONAME]
[02/10 ja9jxc]
[10/25 JR3KQF]
最新TB
プロフィール
HN:
JL2FKQ/1
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県日高市(JCC1342)在住
常置場所・出身地は静岡県富士宮市(JCC1807)
1987年6月30日開局
一応、第一級アマチュア無線技士・第二級陸上無線技術士です
GL:PM95QV
A1 CLUB#1048
JARL QRP CLUB#864
FISTS#15065
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) JL2FKQブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]