忍者ブログ
アマチュア無線局JL2FKQのブログです
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
八重洲無線のハンディ機、FT-23を入手しました!


入手したFT-23と、その他諸々。ヤフオクで3,000円なり(送料別)

ハンディ機FT-23本体と、スピーカマイクMH-12A2B、ハンディ機用ブラケットCMB111、シガーケーブル、BNC-P⇔M-J変換が一式で出品されていました。
即決で、3,000円だったので、見つけた瞬間に入札していましたよ(笑)


FT-23は、私が一番最初に遭遇したハンディ機なのです。
小学生の頃、友人の父親が、このハンディ機を持っていたのよね。
で、ちょうど、アマチュア無線の免許を取得しようとしている時だったので、「小さくてかっこいい!」と、事あるごとに触らせてもらっていました。
(友人の父親は、消防団で消防用の周波数を受信するために持っていたみたい)
スバル"レオーネ"の車内+ハンディ機FT-23+FM静岡「日産 Heart Beat Top 10」が、その時の思い出ですよ(笑)
で、先日帰省したときに、その友人の父親が半身不随になっていたのを見たときは、かなりショックでした・・・。

そんなわけで、FT-23は是非とも入手したかったハンディ機だったのです。


出品時の写真ではよくわからなかったのですが、電池パックと思っていたものが、実はDCアダプタだったのは、儲けものでした。


DCアダプタのPA-6。FT-23とFT-73は、これが無いと外部電源が使えません。

その代わり、電池パックがありません・・・。
実家に、ちょっと程度の悪いのがあるから、それを使うことにしましょう。

前オーナーは、あまり使用していなかったらしく、本体の状態は良好でした。
傷も、汚れも、日焼けも無いので、新品のように見えます(笑)
しかし、液晶の四隅が液漏れを始めているのは残念です・・・。

あと、純正アンテナが欠品していたのは残念。
純正アンテナがあると、佇まいがだいぶ違うのですが。
(今は第一電波工業のRH-77を使ってる)
そんなわけて、アンテナを入手すべく、ヤフオクで入札しています(笑)

それと、ハンディ機用ブラケットCMB111は、スタンダードの製品なのよね(笑)
FT-23でも使えたのかな?
まあ、ブラケットは、そんなに違いが無いか。
というか、CMB111は2個目だよ。
スタンダードのC112用に持っているので・・・。

 
側面には、JARLの保証認定ラベルが貼ってありました。


JARLの保証認定ラベルは、久しぶりに見ましたよ。

前オーナーは、しっかり保証認定を受けて開局していたようです。
ただ、後述する分解を行ったので、ラベルは剥がしてしまいました・・・。


中古で入手したので、まず、リセットを行うことにしました。
FT-73は、底面のランドをショートすれば良かったので、同じようにランドを探したのですが、見当たらない・・・。
取説を読むと、PTTボタン内にあるコンデンサの+極と、スイッチのケースをショートさせろと書いてある(汗)
そんなわけで、PTTボタン内部にアクセスするべく、分解を行いました。


分解して、ここまでアクセスできました。

左にあるSWがクローン用のスイッチで、タクトスイッチに挟まれているタンタルコンデンサの+極と、タクトスイッチのケースをショートするとリセットしました。
ちなみに、PTTボタン内にクローンSWがあるのは新タイプ、底面にあるのは旧タイプのFT-23だそうで。

その後、クリーニングを行い、組み立てたのがこの状態です。


しっかり動作しております。

末永く使っていきますよ。


ちなみに、入手したFT-23は受信改造が施されていませんでした。
これは珍しい。


トップのケースとゴムカバーを外すと出現する、緑色のジャンパ線をカットすると、受信改造になります。

消防無線もデジタル化してしまったので、今回も受信改造は行いませんでした。
PR
6月11日に入手した、2400MHz/5600MHz/10.1GHz/24GHzのトランスバータの系統図を作成しています。


Microsoft Wordを使って作成してます。

もちろん、変更申請用ですよ。
トランスバータの親機(無線機)を2台接続できるようにしたいのですが、可能なのかな?
とりあえず、2台を切り替えできるような形にした系統図にしてみよう。

まだ、1台分しか系統図が作成できていないので、あと3台分を作成しなければ・・・。
なかなかボリュームがあります。
盆休み明けには申請するのを目標にしよう。
先日、安定化電源DM-330MVが壊れ、新しいDM-330MVを購入しました。
で、ここ数日、「なんで壊れたんだろ?」と思っていたのです。
思ったのが、「無線機からの熱で煽られたのかな~?」というところ。
そこで、DM-330MVと無線機間に隙間を作ることにしました。


こんな感じ。

材料は、奥さんが百均で買ってきたけど使っていない、整理用の棚。
ちょっと強度に不安があるし、色も統一感が無いけど、まあ、良しとしましょう(笑)
実際に使ってみると、今までは、30℃を超えるような気温の時は、冷却用のファンが回りっぱなしだったのですが、この状態にしてからは、ファンは回らず。
なかなか効果はありそうです。

これで様子を見ましょう。
あと、隙間を作る方法を、もう少し考えよう(笑)
そんなわけで、昨日手配したアルインコの安定化電源DM-330MVが到着しました。


購入したアルインコのDM-330MV。右は一緒に買った、ICOMの電源ケーブルOPC-025D。Amazon.co.jpで購入。DM-330MVが19,440円、OPC-025Dが2,139円なり。

なんか、DM-330MVが購入するたびに高くなってますよ(汗)
2008年12月購入は14,800円、2010年12月購入は15,205円だったので、30%近くアップしています・・・。
まあ、CQオームさんでも19,440円だから、為替の問題なのかな~?

一緒に購入したOPC-025Dは、KENWOODの無線機TS-680VやTS-790G用の予備用電源ケーブルです。
特に、TS-680Vには自作の電源ケーブルを使っているので、しっかりした作りの予備が欲しかったのです。

で、さっそくDM-330MVを設置し、動作確認をしました。


動作確認中。下にあるのが今回購入したもの。上にあるのが壊れたやつ。

無事に無線機が動作しました。
これで、フィールドデーコンテストを聞くことができますよ。
さて、時間があったら、壊れた方の電源を調査してみよう・・・。
昨日書いた、安定化電源DM-330MVが壊れた話。

代わりの電源を手配しました。
いろいろ検討したのですが、結局、同じDM-330MVにしています(笑)
第一電波工業のGZV4000も検討したのですが、ファンが常時回っているという情報と、DM-330MVに比べ一回り大きいのが気になってしまいました・・・。

明日(月曜)、到着予定です。
ホントは今日到着にしたかったんだけどね~。
Amazonさんでも無理でした(笑)
カレンダー
12 2017/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[07/10 JA9JXC]
[03/27 NONAME]
[02/10 ja9jxc]
[03/01 巽 睦浩]
[10/25 JR3KQF]
最新TB
プロフィール
HN:
JL2FKQ/1
性別:
男性
自己紹介:
埼玉県日高市(JCC1342)在住
常置場所・出身地は静岡県富士宮市(JCC1807)
1987年6月30日開局
一応、第一級アマチュア無線技士・第二級陸上無線技術士です
GL:PM95QV
A1 CLUB#1048
JARL QRP CLUB#864
FISTS#15065
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright (c) JL2FKQブログ All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]